取り扱いの多い自動車保険の特約

取り扱いの多い自動車保険の特約について

人身傷害補償

投稿日 2014年1月24日 11:50 AM | 投稿者 とくやく

「人身傷害補償」は、自動車事故に遭った場合に、傷害などに対する「実損分」を補償する保険です。

 
自動車事故では、相手方との示談が成立しないと保険金が支払われないのですが、この保険を契約していれば、示談前でも実費相当の保険金が受け取れます。

 

そのため、自動車事故で入院や通院をしている場合、その実費分をすぐに受け取れるのです。

 
また、保険契約者の過失割合に関係なく、実費分を補償してもらえます。

 
さらに、契約車両に乗車中の事故だけではなく、契約車両以外の事故や、歩行中の自動車事故、契約車両による単独の事故の場合でも補償してもらえます。

 

相手方が無保険であった場合、通常は自賠責保険の範囲内しか補償されませんが、この保険を契約していれば、自賠責で賄いきれない部分もカバーしてもらえます。

 

つまり、自動車に関わる事故であれば、すべての傷害・死亡などに対して、「実損分」を補償してもらえる保険なのです。

 
ただし、「実損分」であっても、保険契約金額が上限となります。

 
例えば、上限2000万円で契約していれば、治療費などで2000万円以内の部分を補償してもらえることになります。

 
こうした幅広い補償内容のため、保険金額は割高になります。

 
保険金額を抑えるために、必要な補償内容にしぼって契約することもできます。