取り扱いの多い自動車保険の特約

取り扱いの多い自動車保険の特約について

車内身の回り品

投稿日 2014年1月24日 11:49 AM | 投稿者 とくやく

車両保険では、車の中に置いてあった身の回り品までは補償されません。車両の中で補償されるのは、カーナビやETCなど車に装備または定着しているものだけとなります。

 

ただ、車両保険を利用する事故によって、装備・定着していない車内身の回り品が損害の影響を受けた時、特別に補償することがあります。

 

この場合では、キャリアに固定されているものでも対象内とされています。

 

一般的にキャリアは車外に存在する物ですが、車両保険の対象となる車に積んである身の回り品を補償する主旨となっていますので、キャリアに固定されている物でも身の回り品となり、補償の対象となるのです。

 

対象外となる物には、お金や有価証券、貴金属、宝石などの金品は基本的に対象外とされています。

 

車内に置いてあった財布が盗まれた場合、財布は補償されますが、中に入っていたお金までは補償されません。

 

また、補償される金額は、損害を受けた物の新品価格に相当するとは限りません。

 

新品価格が補償される場合は、購入し箱から出しておらず、一度も使用していない物になります。

 

既に使用済みの場合は、それなりの減価償却を考えた上で金額が補償されることになります。

 

免責金額も存在し、額は5000円となります。5000円以内の損害は補償されませんので注意が必要です。