取り扱いの多い自動車保険の特約

取り扱いの多い自動車保険の特約について

車両新価

投稿日 2014年1月24日 11:47 AM | 投稿者 とくやく

自動車保険に加入する際は、よほど古くて価値がない場合を除き、車両保険も付けるのが一般的だと思います。

 

車両保険がついていれば、事故により破損した場合のみならず、全損など廃車になった場合であっても、新しく自動車を購入する資金ができるので助かりますよね。

 
しかし、気を付けなければならないことは、自動車の価値は新車の時から徐々に下がってゆくため、新車で購入しても1年近く経過した場合に廃車になった場合であっても、新車に買い直す場合、保険会社から払われる金額だけでは買えないということになります。

 
特に大型車であれば少々の事故であれば修理が可能ですが、軽自動車の場合、軽量化と車室空間の確保のためにエンジンルームにエンジンなどがコンパクトにまとめられているため、少しの事故であってもエンジンルームが潰れてしまい、修理をしようとすると費用が掛かりすぎるために経済全損という廃車扱いになる場合が多いようです。

 
そのため軽自動車を新車で購入する際には、車両保険を付ける際に「車両新価」を付帯すると、登録から1年以内の全損の場合には新車を購入する費用を負担してもらえるということになるため、とても助かります。必要な費用は数千円ですので、新車を購入したときのお守りだと思って付けておくと、万が一の時に「付けていてよかった~」ということになりますよ。新車には絶対にお勧めです!