取り扱いの多い自動車保険の特約

取り扱いの多い自動車保険の特約

 

 

自動車保険には、加入が義務付けられている自動車賠償責任保険(いわゆる強制保険)と、任意に加入する自動車保険があります。

 

自賠責保険の保障内容はどの保険会社も一律で選択の余地はありませんが、任意保険は多くの企業や共済組合などからいろいろな種類の保険商品が販売されているので、選択肢が無数にあるといっても過言ではありません。

 

さて、自動車保険に加入する主な目的は、事故を起こした際の賠償責任に備えることだと言えます。

近年では交通事故での賠償金額が非常に高額になるケースが増加していることから、保険金額を対人・対物ともに無制限にする場合がほとんどでしょう。

保険金額が無制限だということは、保険会社はかなりのリスクを負うことになりますので、当然保険料も相応に高くなることになります。

そこで、運転者を限定することで保険料を安くするニーズが生まれてきました。

 

運転者〇〇限定とすることで無駄な保険料をカットできるので、多くの人がこうした特約を付加しています。限定内容は保険会社によってまちまちですが、〇〇歳以上限定という年齢による保険料の割引は最も一般的に適用される限定条件です。

 

他には、家族限定、記名家族限定、本人・配偶者限定、本人限定と、限定条件を厳しくすればするほど保険料は割安になっていきます。

 

保険会社によっては設定のない限定条件もあるので、自分のニーズに合った自動車保険を選ぶ際には運転者限定条件を比較することも重要です。

 

 
自動車買取相場